×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                                                       ホーム


■ ディグダグ(ナムコ 1985〜)


《生き延びたければ・・・掘れ! そして割れ!》


さあ、ディグダグ! みんなで踊ろう、ディッグ・ダッググ!!!!!

いや、別に意味はないんだけどね。

さて、みなさん知っているだろうか。ディグダグとは、「掘る(dig)」の現在形と、「掘った(dug)」の過去形を合わせた名前だってことを!

つまり、「ディグダグ」を和訳すると、
「掘りも掘ったり桃太郎侍」となるのである(ならないけど)

まぁ、それはさておいて、今日も一つ賢くなりましたね。うむ。

ゲームの内容としては、とにかく敵を破裂させるゲームである。敵をポンプで膨らまして、膨らまして、風船のように膨らまして・・・

破裂!!!

そういうゲームである。


「ゲーム脳」とかの以前に、
検閲の必要がある恐るべしゲームである。(いや、嘘です。健全なゲームです)

優しい心の持ち主である主人公は、敵を破裂させるのに飽きると、
岩で押しつぶしたりもします。


「ぐちゃっ」
って・・・・押し潰されます・・・

でも、なんだろなぁ・・・あの頃の、ゲームって、ストーリーとか全く無視で、とにかく敵をやっつけてたよなぁ。まぁ、それの良し悪しは別にして、近頃のゲームって、やたらと説明が多いよなぁ。

「これがこうでこうだから、こいつを倒さなければいけないのです」

みたいな。

何だか疲れちゃうよ。ただでさえ、仕事で疲れちゃってるのに・・・

って、
ばかーーーー!!!!

ホームページで、人生、かえりみるなっつーの!

ということで、今日もみんなとディグダグ・ディグダグ。

ディッグ・ダーーーーーーーッググ!

※ 今回、全然レビューになってねーよ・・・よほど溜まっているらしい・・・(何が?)

アクション一覧へホーム

Copyright (C)2006 無料 ゲームレビュー All Rights Reserved.