×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                                                       ホーム


■ ナムコについて その3


《母親 in the 幼少期》


ネ:あぁ、そうなんですか。えっと、ナムコとコナミでしたね。確かに、よく間違えてましたね。
どっちもカタカナ3文字だし。
「コ」「ナ」もあるし。

い:うちの母親なんて、
「ナムコを逆さに読んだらコナミなんでしょ」とか、真顔で爆弾発言してましたからね。
僕の友人、みんな大爆笑ですよ。じゃぁ、実際、逆さにして読んでみろよって話ですよ。
普通に間違ってるから。

ネ:あぁ、あったなぁ、それ。何か、生協で買ってきたもらったお菓子とか食べてるときでしょ。
いぬさんのお母さんって、天然でしたよねぇ。

い:でしたよねぇって、一応、生きているよ、まだ。

ネ:えっ?

い:ホントっぽい顔するなよ。一瞬、マジで言ってるのか心配しちゃっただろ。
っていうか、俺自身、
「あれ? 生きてたよな・・・?」とか脳裏よぎっちゃったよ。

ネ:冗談ですよ。あ、あとナムコットって書いてある箱あったじゃないですか。
あれって、何か紛らわしくなかったですか? えっ、これってナムコだよね? 
って、子供達は混乱しちゃうんですよね。

い:僕はずーっと妹にそうやって言ってましたよ。
ナムコットっていうのは、ナムコの真似をしてる悪い会社なんだぞ(嘘)
って。
パックランドの箱を見せながら、
「ほら、本当はパックマンに手とか足とかないんだから」とかね。

ネ:それ、ホントっぽいですね。いぬさん、そういうことしてそうだもんなぁ。


い:
えっへん。

ネ:「えっへん」って言う人、はじめてみましたよ。

・・・・・

い:それでは、ここらで第2回を終えたいと思います。

ネ:ちょ、ちょっと。いきなり過ぎない。それに、ほら、バトルシティは・・・

い:それでは、みなさん。バイナラ。(バイナリィランドじゃないよ)




1 2 3 TOPへ

Copyright (C)2006 無料 ゲームレビュー All Rights Reserved.