×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                                                       ホーム


■ 忍者ハットリ君(ハドソン 1986〜)


《ハットリ君より影千代の方が強い!》


先日、このサイトを見た方からメールをいただきました。ちょっと恥ずかしかったけど、素直にうれしいです。ありがとうございます。
もし、お暇がある方がいらっしゃいましたら、掲示板に書き込みをいただけるとうれしいです。小さいマリオみたいにジャンプして喜びます。着地点に
毒キノコとかおかないでくださいね。

さて、忍者ハットリ君である。

誰もが知ってる「藤子不二雄(漢字あってる?)」大先生の意欲作をファミコンにしちゃったって感じ。

まず、簡単に一発突っ込んでおくと、
カセットの色が茶色である。まぁ、突っ込むほどでもないんだけどさ。

システムは、横スクロールアクション。基本的に、ボスを倒すというものではなく、ゴールにたどり着けば、次の面へといける。

ここで、もう一発突っ込んでおかないといけないのだが、各面が終わると、ボーナスステージがあるのだが、
そいつにヘキサゴン!

ボーナスステージの内容は、ハットリ君のお父さんみたいな人(違う?)が放物線上に「ちくわ」を大量にばらまくのを、うまくハットリ君を動かしてキャッチするというもの。


ただし、その中にあるものが紛れているから怖い

鉄アレイだ。

まず、死ぬよ。あんなに高い所から鉄アレイ喰らっちゃったら。

きっとあの男、ハットリ君のお父さんの仮面を被った有能なスナイパーに相違ない(有能だったらわざわざ鉄アレイなんか使わないか)

大体、ちくわが好物って、「ハットリ君」じゃなくて、

「獅子丸」だろ!

それともあれか?
ハットリ君は、「獅子丸」の晩飯の為にあんなリスクを背負って、ちくわを集めているというのか・・・はぁ・・・
(おっと、また、遠くに行ってしまうところだった)

さて、次の突っ込みはというと、「ハットリ君」の
ジャンプ力の脆弱さについてである。

「高橋名人の冒険島」のレビューでも述べたが、あまりにもジャンプの放物線が急すぎる。もっと、マリオやルイージを見習って欲しいものだ。(ああ、また、任天堂に頭が犯されている・・・)

本当はこの後、
「ムササビの術の壮絶な威力」について、150行ほど述べたかったのだが、「ゲームボーイウォーズアドバンス」のプレイ時間となってしまったので、ここで泣く泣くペンを置くことにする。

アクション一覧へホーム

Copyright (C)2006 無料 ゲームレビュー All Rights Reserved.