×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                                                       ホーム


■ スーパーマリオ in インド その1


《喧騒の中のマリオ・・・》


今日、ニュースを見ていたら、
インドの街の様子が流れていた。
そこで、僕は思い出した。あの日の「スーパーマリオ」のことを・・・


と、まぁ郷愁さながらって感じで始まったが、一体何のことかというと、
大学時代に行ったインド旅行での思い出である。

まぁ、みなさんも大体知っているとは思うが、インドは経済状況がかなり悪い国である。
つまり、
ほとんどの家庭はファミコンみたいなテレビゲームはほとんど持っていない。(その当時)

僕がインドに旅行に行ったのは、6年前のこと。(記事作成当時)
日本ではすでに「プレイステーション」がTVゲームの中心であり、ファミコンなんて、
もう遠い過去の思い出って感じの時代です。

でも、インドは違った。初代ファミコンの
「スーパーマリオ」が、現役で稼動していた。

さびれた街中の、本当に小さな商店のおやじが、チビッ子たち集めのために、
「スーパーマリオ」を無料で解放していた。

それに群がるインドのチビッ子、軽く30人は超えている。
もう、眼がギラギラに光っている。
興奮度100%って感じである。

所変われば何とかってやつだなぁ・・・と、すごくしんみりしたのを覚えている。

さて、そのちびっ子達、正直言って、あまりうまくない。


Bダッシュするとすぐに敵に当たるし、三角とびもできないし、スターを取ると焦ってすぐに穴に落っこちてしまう。
せいぜい頑張って1−3くらいで終わってしまう。

見せちゃう? はるか遠い国日本、任天堂本社所在地の日本からやってきた意地見せちゃう?

                         |1 2 次のページ                ホーム


Copyright (C)2006 無料 ゲームレビュー All Rights Reserved.